料理のクセ

2020年9月12日

みなさんこんにちは

ブログにクセがある。#4さくです。

クセがあるのは#17みはるちゃんも同様ですが、、#22真子ちゃんのブログがクセがなさすぎてビックリしている今日この頃です。

(身内ではクセしかない人間です。)

真子ちゃん!!恥ずかしがらずに曝け出していこうよ!!!チェケラー!

次回のブログが楽しみだ!!!!!はにゃ?

そんな話は置いといて、、

前回モデルのような生活をご紹介しましたが、スーパーモデルになる為に今も変わらず続けています。最近は暑さのあまり布団のカバーはしょっちゅう洗って、洗濯・掃除・料理の主婦みたいな生活に没頭しています。

早く乾くの嬉しいですよねー!

そんな中、今回ご紹介する料理!!

(コロナ期間中は紹介することなくて料理ばっかになるけど許してね。チェケラー)

まだ料理初心者ってのに鯖料理にチャレンジ。

きっと私は少し慣れたら基礎を怠る人間なんだと思う。

料理もサッカーも基礎が大事だってのに、、、

骨を抜いて、抜いて、抜きまくって骨を抜く作業に30分はかかりました。

鯖ってどんだけ骨あるの??

鯖ってこんなとこにも骨あるの?

それくらい鯖を骨抜きにしました。

料理もサッカーも準備に時間をかけるのが大切ですよね??奥深いわーー

はにゃ?

そんな下処理をした鯖を3つの料理にアレンジしてみました。

まずは鯖の炊き込みご飯

米を洗って、みりん・酒を適量。(紹介適当すぎ)

骨を抜いた鯖を乗せて炊くだけ。

炊けたら骨をチェックしながら混ぜて、ごまと青のり入れて完成(家にあったものアレンジで入れみればいいよ)

お次はこちら!!

鯖のペペロンチーノ

パスタを適量茹でて時間も適度に茹でちゃえばいいと思う

鯖を焼いて骨チェックして、、

1度抜いた鯖でも焼いたら出てくるんです。

(サッカーもこれでいいだろうと満足してたら全然準備足りてなかったことありますよね。鯖から学ぶことって多いですね。え?)

オリーブオイルにニンニクで香りを出してキャベツを炒めたら、そこに焼いてほぐした鯖を入れ、いい感じに茹で上がったパスタを和えるだけ!!(パスタの茹で汁少し入れてね)

そして最後は

母親がよく作ってくれる鯖棒鮨。

これが大好物でなんです!!

完成したのがこちら!!

うまそーーーー

ですよね?食べたらビックリ!!

骨ばっかり!!

なんなの?母親の下処理の丁寧さ。

作ってわかる母親の母性。

私決めた!

骨のチェックを怠らないスーパーモデルになるわ。

目指せboneキュbone。(ダジャレだよ)

鯖棒鮨の作り方を含め、全て自分のアレンジレシピみたいに紹介してるけど、ネットで調べたレシピなので、是非鯖の下処理にめげない人はチャレンジしてみてください。

私はもう鯖の骨はチェックしたくないので、サッカーの試合に向けていい準備したいと思います。

今回はクセのないブログになりましたが

ご愛読ありがとうございました。

次のブログ担当は、先日私の太ももにできた水膨れの水を抜こうとしたら「うちがやりたい!」と楽しそうに針をさしてくれた#5りさこちゃんです。

刺すのはいいけど抜けた水拭く時、「汚そう」という感想をもろ顔に出して、「さくさん自分で拭いて」と急に冷たくされました。ツンデレすぎてビックリしたぉぉぉ

ブログ苦手だろうけど頑張って面白く書いてね。

この記事へのご意見・ご感想はこちら