大好きなサッカーを始めた理由

2017年9月22日

パオです。今回は大好きなサッカーを始めた理由について書きます。

私は台湾で生まれ、4歳の時に家族でアメリカに引っ越しました。

兄が中国人学校でサッカーを始め、その時に私もついていき、サッカーをプレーするようになりました。
最終的に兄はサッカーを好きにはならず、私は好きだったので、父は私をレクリエーションサッカーリーグに入れました。1年後、コーチが私を推薦してくれ、競技リーグに入ることが出来ました。

その時に入った「DeAnza Force」というクラブで、10年プレーをしました。そしてペパーダイン大学に誘われ、大学ではスポーツ医学の学位を取りながら、4年間大学でプレーしました。
大学卒業後は、「Sky Blue FC」にドラフトで選ばれましたが、怪我のためプレーをすることができませんでした。
次の年は、スウェーデンでプレーし、その後、日本に来ました。

先日、台湾でたくさんのサポーターを前にプレーする機会がありました。台湾で沢山のサッカーファン似合うことが出来とても幸せでした。
特に、祖母、父、兄弟や親戚がスタンドで声援を送っていたことが最高に嬉しかったです!アメリカで育ったため、親戚に会うことはほとんどなかったので、彼らにとっても私がサッカーをプレーしている所を見るいい機会となり、本当に良かったです。
わたしの目標は、次の世代のサッカー選手にいい刺激を与えることです。


この記事へのご意見・ご感想はこちら