The カキ Lady

2017年2月28日

日本に来てからわたしは様々な方法で漢字の勉強をしています。

日本語の授業や、子供向けの本、テレビ、お店など公共の場所などで学んでいます。
スーパーでは漢字を簡単な方法でも、ハードな方法でも学ぶことが出来ます。
今週、わたしはハードな方法で学びました。

カキの季節ということで、夕食用にカキを1パック買いました。
2日後、とてもお腹が痛くなりました。私はそれが何故だかわかりませんでした。
何時間かすればすぐに良くなるだろうと思っていましたが、1日中体調は悪いままでした。
それからPaoは私に聞きました。
「月曜日に刺身食べた?」
「えーっと、、思い出した!カキも食べた!」
「生で食べたの?」
「もちろん!」
「え!?カキ、調理しなかったの?」
「そうだよ、する必要があったの?」
「そのカキ、スーパーで買ったんだよね?」
「そうだよ、」
「Oh no Gen!パッケージに調理用って書いてあるよ!」
「Oh nooooo!!1パック全部食べちゃった!!鮮魚コーナーにあったし、日本は海鮮料理が美味しいことで有名だから、気にしなかったよ!」
「そこまで体調がひどくならなくてラッキーだったね。」

こうして、私は今週ハードな方法で漢字を学びました。
私はもう絶対に忘れることはないと思います。
もうどれが生で食べて良いものか、調理をするべきものか、見分けがつきます。
その違いを説明してくれたPaoには本当に感謝しています。

 

-Genevieve

この記事へのご意見・ご感想はこちら