U-15 活動報告

2013年5月8日

U-15活動報告

5/3~5GW、静岡県富士宮市で行われた第一回デスポルチカップに参加してきました。

①試合経験を色々なポジションでたくさん積み、自分や味方の特長を発見し合う。
②チームワークを育む。

という遠征目的の中で、三日間を通し、「自分を知るノート」をつけたり、チームワークに必要なリーダーシップ・フォロワーシップの話をしたり、栄養を勉強したりと、充実した遠征となりました。ごはんも残さずモリモリと食べる姿に頼もしさを感じました。

試合では、限られた時間の中でそれぞれの選手が目一杯プレーをし、多くの発見や大きな成長がみられました。ピッチに消化不良を残さず120%でやって初めて武器も課題も見えてくる、というのを選手自身も実感したのではないでしょうか?

 

私たちノジマステラ神奈川相模原U-15はトップチーム同様、サッカーが大好きで、負けず嫌いで、仲間を大切にできる元気の良いチームです。
この良さを今後も伸ばしていきつつ、メリハリの付けられる引き締まったチームを目指します。この遠征で得た経験と課題をきちんと見つめ、考え、これからのチーム作りに役立てていきたいと思います。

最後に。
亀田様はじめ大会期間中お世話になった全ての皆様、対戦相手の皆様、ノジマステラ神奈川関係者各位、そして保護者の皆様。この度は、皆様のおかげで無事に充実した遠征を終えることが出来ました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。

ノジマステラ神奈川相模原U-15
監督 福田あや


この記事へのご意見・ご感想はこちら